INTERVIEW インタビュー
INTERVIEW インタビュー

INTERVIEW インタビュー

Designer s focus

“黄金比率”という
ビューティセオリーを
すべてのデザイナーへ。

リラティオアンバサダー

開発者 石川 武人

リラティオアンバサダー

開発者 石川 武人

TAKETO ISHIKAWA

img
img

「お客様の美しさを論理的に考える」
それがデザインのスタンダード。

昨今、様々な美容技術のメソッドが出てきており、さらなる技術向上のため、カットやカラーテクニック、またパーマ理論や薬剤とのデザインワークなど幅広い技術を学ばれている方が多いと思います。しかし、いくら高度な技術をマスターしても、お客様に似合わないと、良質なデザインサービスを提供したことになりません。

そこで、考案したのが、「Re:ratio(リラティオ)」です。原点に戻り、フェイスバランスの黄金比率を軸にビューティサービスを組み合わせる診断術。これをマスターすることで、どのお客様にも、理論的な「キレイ」を提供できると考えています。

すべてのデザイナー、お客様に対し、デザインの共通項としての軸を与えることで、よりベストなキレイをいつも提供できることがリラティオの凄さだと思います。

“デザイン”が生まれるのは、黄金比率から。
“デザイン”が生まれるのは、黄金比率から。

“デザイン”が生まれるのは、
黄金比率から。

リラティオは単純に黄金バランスを学ぶということではありません。お顔のパーツを読み解きながら、表情は、眉毛、瞳(まつ毛)、鼻、唇、顎とそれぞれ、縦と横の比率と位置で構成されているものだと認識するところから始めます。そこから、一人ひとりのベストな黄金バランスに近づけるために、、ヘアデザイン、アイブロウ、アイラッシュ、アイメイクと様々なビューティサービスで整えていく。このアプローチがリラティオにとって最重要軸となるエッセンスです。

一人ひとりのお顔のバランスを整える診断術と、そのベストバランスに近づけるためのビューティアプローチ。この二つが揃うことで、“デザイン”が創られると思っています。

是非、皆さんリラティオを学んでください。これからのデザインテクニックが向上に繋がる、重要なメソッドだと考えています。

美容室経営を “平準化” 品質提供の軸につながる。
美容室経営を “平準化” 品質提供の軸につながる。

美容室経営を “平準化”
品質提供の軸につながる。

リラティオは、黄金比率を元にお客様のお顔のパーツ配置の“比率”を整える診断術です。これは、個々のデザイナーの感性や技術に依存せず、お客様にベストな印象を提供できる新しいアプローチになってきます。

サロン経営から考えて、人時生産性の向上や、デザインワークを高品質に提供できる画期的なメソッドになります。また黄金比率を元にした、リラティオ診断術を習得することで、デザインコーディネートの幅が広がります。

全てのデザイナーの感性や技術に頼らず、「お客様の美しさを理論的に考える」診断術がスタンダードになることで、今後のサロン経営のインフラ強化や、デザイナーの生産性向上につながり、美容業界における発展的なビューティイノベーションになると信じています。

これからのサロンワークの発展を目指して。
これからのサロンワークの発展を目指して。

これからのサロンワークの
発展を目指して。

美容業界は成熟期を迎え、さらなる過渡期に入ろうとしています。カラー・パーマのデザイン技術だけでなく、一人ひとりの似合わせ、そしてトータルビューティの提供が求められるのです。
そして、これからは「予防美容」へと向かっていきます。お客様のライフスタイルや美容意識の変遷が目まぐるしく、大きく変わるこのタイミングで、私たちは、お客様の求める「キレイ」を理論に基づいた形で提供することが大切だと思っています。
今まで培ってきたビューティテクニックをさらに飛躍させることができるように、リラティオエッセンスで、この時代を乗り切り、サロンワーク業界全体の向上を目指していきたいと思っています。

CONTACT 資料請求・お問い合わせ